目が悪くなると、メガネ(目が疲れにくいパソコン用のレンズも人気のようです)かコンタクトレンズをつけないといけませんが、どっちがより目によくないんでしょう? 結論からいうと、コンタクトレンズの方が目に悪いになります。 何故、コンタクトレンズが目に悪いのかというと、目への負担が大きいからです。 コンタクトレンズ(視力補正用以外にも、治療用のものや検査用のもの、ファッション用のものもあります)をすると言う事は、目に異物を入れるということになりますよね。 そうすると、目が傷ついてしまったり、目が乾燥してしまいます。 そして、その結果、ドライアイなどの目の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)にかかってしまう事もあるかもしれません。 また、きちんと手入れをしないと、ばい菌が目の中で増殖してしまい、炎症を起こすケースもあるでしょう。 その場合には、結膜炎といった目の病気を引き起こしてしまうこともあるでしょう。 その為に、目の安全面を考慮する為あれば、コンタクトレンズよりもメガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)の方がいいでしょう。 メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)であれば、目を傷付ける事もないので、目の病気になることもありません。 但し、度数の合わないメガネをつけていると、視力がどんどん低下してしまう危険がありますから、きちんと自分に合うものを装着するようにしましょうー